相続トラブルに巻き込まれたら、まず弁護士に相談を

相続にトラブルはつきもの

相続にはトラブルがつきものです。普段は仲の良い身内同士でも、財産が絡むと険悪な関係になりかねません。特に不動産など分割することが難しい財産の分配は、トラブルの原因になりがちです。また一度話がこじれてしまうと感情的になってしまうので、その後の話し合いも上手くいかなくなります。そこで相続トラブルが発生したら、まずは弁護士に相談しましょう。弁護士なら対立する相手との話し合いも任せられるので、納得のいく結果を得ることができます。

相続トラブルが起きないようにすることも大切

相続トラブルが起きてからではなく、まず最初にトラブルそのものが起きないようにしておくことも重要です。そのためには遺言書を作成しておくことが必要でしょう。ただし遺言書は法律で定められている要件を満たしていなければ、いくら本人が作成したものでも無効となってしまいます。ですから効力をもった遺言書を作成したいのであれば、弁護士に相談するといいでしょう。自分の希望どおりの相続を実現したいのであれば、遺留分など法律の知識も必要になります。法律に詳しくない人は専門家に任せたほうが無難です。

無料で弁護士に相談したい場合は

しかし弁護士に依頼する場合、相談するだけでも料金を支払わなければいけません。ですからお金に余裕のない人は、まず市町村などの自治体が開催している無料の法律相談会を利用するといいでしょう。また法テラスの愛称で知られる日本司法支援センターでも無料の法律相談を開催しています。こちらは収入要件を満たしていることが必要になりますが、無料相談を受けた人の中でさらに収入要件を満たしている人は、弁護士費用の立て替え制度も利用できるので非常に便利です。

mikata』は、万が一のトラブルが生じた場合の弁護士等への相談、依頼で生じた費用を補償する弁護士保険です。