証券会社を活用した資産運用

国内株を活用した運用方法

証券会社を活用して資産運用を行うときの最も代表的な方法は、国内株式の売買を繰り返すことです。手数料が割安なネット証券を利用することで、小さな値動きでも大きな利益を得ることができます。しかし購入した銘柄を長期間保有し続ける個人投資家も多いです。配当利回りが3パーセント以上の銘柄は、高配当株として人気が高まっています。食品株や電鉄株は、配当だけではなくて株主優待も受け取れるので、投資の初心者にも人気があります。

投資信託を活用した代表的なプラン

定期的に積立購入するのが、最近の投資信託の代表的な活用法です。1000円から購入可能な証券会社も増えているので、小さな資金でも分散投資が行えます。コストを意識した資産運用を考える個人投資家が多いので、インデックス型の投資信託を選ぶのが最近の流行です。一方で大きな値上がり益を確保したいときには、アクティブ型のファンドを選ぶ方法もあります。資源関連のファンドやバイオ関連のファンドは、経験豊富な投資家が積極的に購入しています。

海外市場の上手な活用方法

ネット証券会社を中心に、海外市場で取引可能な株式などの銘柄数が増えています。特に先進国の代表的な銘柄は、流動性の高さと将来性が魅力的です。新興国の株式の取引もできる証券会社も増えており、短期間で大きく資産を増やすこともできます。海外のETFは商品の種類がとても多いので、自由自在にポートフォリオを構築できるメリットがあります。債券型やREIT型のETFも充実しているので、分配金を重視した運用も行えます。

様々な商品先物の中で原油を扱う先物が、原油の先物です。原油が売買される前に売買価格を予測し、価格を決定し、実際の売買日との差益が儲けとなります。