魅力がいっぱい!信用取引の3つのメリット

持っている資金以上の取引ができる

一般的な株の取引では、例えば100万円口座に預け入れている場合は、100万円分までしか取引を行うことができません。しかし、信用取引を使えば、最大で3倍の300万円分の取引を行うことができます。これをレバレッジ効果と呼びます。ですから、うまく取引を行うことができれば、利益も3倍になる可能性を秘めているということになります。しかし、取引に失敗すると損失も多くなってしまうので、資金管理はしっかりと行う必要はあります。

株価下落時にも利益を出せる

信用取引のメリットの一つに、空売りができるというメリットがあります。通常の株取引では、株価が安い時に買って、次に株価は上がったところで売りますが、この差が利益になります。しかし、空売りの場合は、これとは全く逆の発想になり、株価が下がれば下がるほど利益になるという仕組みになっています。具体的には、証券会社から株を借りて売り、株価が下がったところで買い戻して証券会社に返すという仕組みなります。当然、売った額と買い戻した額の差が利益となります。

株主優待をお得に入手できる

株を保有している、保有している企業の株主優待をもらうことができる場合があります。しかし、株主優待をもらうことができたとしても、購入した株の価格が下がってしまっては、元も子もありません。そこで、信用取引の空売りを利用して、株の購入と同時に、売りも行っておけば、相場の価格に左右されることなく、株主優待を手に入れることができます。ただし、手数料はいくらかかかるので、それを上回る株主優待であればよいということになります。

信用取引とはその名の通り自分自身を信用してもらい、自分の持ち株などを担保とし、証券会社からお金を借りて投資を行うことです。